menu
close

なぜあなたは大麻を吸うのですか?
Smoker's Story Project

file #5
普段意識しないことを明確に感じられる

26歳男性 日本在住

自分は元々、不登校で引きこもりで内気で、両親も小学生の頃に離婚しており、音楽だけが心の支えでした。大麻の初体験は9年前。高校2年の終わり頃にクラブで一服いきました。それから9年間大麻を吸ってきて、自分自身はとても良い経験だったと思います。良くも悪くも自分を成長させてくれた存在です。

大麻を吸うと感覚が純粋になります。子供の頃の様に。美しいものはより美しく見え、聴こえる音や音楽は初めて聴いた様な感覚を伴い、心の底から「カッコいい」「素晴らしい」と思えます。感動して涙を流す事さえあります。

ご飯はとても美味しく感じる事が出来ますし、何よりお腹が空きます。野菜本来の甘味、魚や肉の旨み、そして香りや温かさ、美味しさを感じる事が出来ます。この料理を作ってくれた人、生産者の人の苦労や思いを感じる事ができ、素直に「ありがとう」「いただきます」「ごちそうさま」が口から出てきます。

そして、ボディイメージが容易になります。全身の感覚、筋肉の動き、呼吸、心臓の鼓動を感じれます。普段意識していないことを、明確に。生きているんだなって思えます。
体の感覚はサティバ、インディカで分かれますがサティバは清々しい感じ。外に出て太陽の光を浴びながら背伸びしたくなる。インディカは温かく柔らかい何かに包まれている様な感じ。家のソファーでゆったり座ってのんびり。

この様に五感が研ぎ澄まされ純粋になることで、ありのままの事をありのまま感じる事が出来ます。風、波、光や音、色。楽しい事は楽しく、悲しい事は悲しく。自然を感じて地球が愛おしくなったりもします。社会という現実に浸り過ぎて忘れてしまっている感覚を思い出させてくれます。他人に対する思い遣りや自分への労りも。

この世界は自分の見えるもの感じるもので出来ていると思います。自分が楽しいと思えば楽しいし、クソだと思えばクソです。
自分の気持ちにゆとりが持てた時に周りに対する思いやりが生まれたりします。そこに見えなかった愛を感じます。そして、他人の感情や想いに対して素直に共感する事が出来ます。否定や意見が合わないからという感情は別の場所に置けて、ありのままのその人を見る事が出来ます。

また自分は、動けなくなるぐらいの偏頭痛持ちだったのでインディカを吸って痛みを軽減させたりしてました。気が付くと痛みが消えています。薬が嫌いなので頭痛薬などは飲んでいませんが、大麻のおかげで偏頭痛は起こらなくなりました。

9年間も吸ってきたのだから依存しているのではないか?という考えのある方がいらっしゃると思います。自分は数ヶ月吸わない時もあれば毎日吸う時もありました。吸わない時は、手に入らないから吸えないのではなく、あっても今日は吸わんでいいやぐらいの感覚です。何か特別な日の為に取っておこうとかコントロール出来る感じです。もちろん人によりけりだと思いますが。

とはいえ悪い面もいくつかあります。
大麻は精神に異常をきたすと言われてますが、あれは一種のパニックだと思います。俗に言うバッドに入るってやつです。気乗りしないとき、不安な時、体調が悪い時に入りやすいです。何もかも純粋に受け取り、感じてしまうので。思考がマイナスに傾くと、どんどん悪い想像に繋がりパニックを起こします。

自分も始めたての頃に何度か経験があり、ゲロ吐いたりやらかしてます。けれどバッドに入るのはコントロールする事ができます。ヤバそうだなって感じたら楽しい事や面白い事を想像したり、何か没頭出来る事をします。すると意識がそっちに向いて、マイナスな思いはいつの間にか消えてバッドを回避出来ます。

他にも摂取の仕方によりますが、喫煙の場合は痰が絡んだり、咳き込んだり。目が充血するのでドライアイとか結膜炎になったり。あと、めっちゃ喉が渇きやすくなります。
吸い過ぎると時間の感覚がなくなりますし、酩酊に似た様な感覚になります。何事もやり過ぎは良くないという事ですね。

1番大きい悪い面は周りの人に心配や迷惑をかける事です。日本では、違法である上に悪い印象が定着しています。
法律を破る事は当然、社会で生活している人達に良い印象は与えませんし、逮捕されたとなれば身の周りの人達に心配や迷惑をかけてしまいます。自分の事を想ってくれている人なら尚更です。
勤め先の方々。彼女、彼氏、嫁さん、旦那さん。お子さんが居るなら尚の事。他にも両親や兄弟、友人達。自分は大麻がどんなものか知っていても、周りの人は良いイメージを持っている事は少ないのです。

自分は大丈夫だと思っても、周りからバレて捕まる事もあるのです。自分はそういう現場を何回も見てきました。自分も一日中、警察署の取調室に入れられていた経験もあります。何回も出頭もさせられました。逮捕はされずとも、周りに迷惑や心配をかける事になりました。
警察の方も大変だったと思います。何も喋らない、ションベンも出さない自分に眠い目を擦りながらずっと待っていて。そういう警察の方も自分の為、家族の為、社会の為に働いている訳です。自分だけなら良いではなくて、周りの事を想って考えて生きなければならないと感じています。

違法である事をしてしまったのは事実ですが、後悔はありません。大麻が大好きです。好きな物、好きな事、好きな人を好きと言える堂々と世の中になって欲しいと思っています。これが9年間、大麻を吸ってきて思った事です。
現在の日本で大麻を使う事はオススメしません。けれど日本で合法化されたら、のんびり自分の好きな人達と一服したいです。

ぶっちゃけ、大麻のどこが良い悪いはどうでもいいです。体験してみなきゃ分からないし、人の数だけ感じ方は様々です。やりたくないと思ったらやらなければ良いし、やろうと思えばやれば良い。全て自己責任で。
人を幸せにする反面、不幸になっている人達も居るはずです。そういう事全てひっくるめて、全てを曝け出して議論して、法律を改めるべきだと思います。一人一人の選択の自由の為に。

自分は大麻で人として、すごく成長させてもらえたと感じています。大麻のサポートがあって今の自分があります。

(担当: 正高佑志)

※本プロジェクトは、以下の企業から支援を受け運営されています

あなたの物語を聞かせて下さい。

→ click here

Who We Are

私たちと一緒に「インタビューしていただける方」も募集しています。

→ click here

協賛企業・団体

当プロジェクトは以下の企業・団体の支援により運営されています。

日本では「大麻取締法」により、大麻取扱者(都道府県知事によって研究および栽培の免許を受けた者)以外の大麻の所持、栽培、譲り受け、譲り渡し、研究は禁止されています。

当サイトは経験談を通して、大麻への理解を深めることを目的としており、大麻の使用を推奨したり、犯罪を扇動するものではありません。