menu
close

なぜあなたは大麻を吸うのですか?
Smoker's Story Project

file #32
僕はこうして大麻に救われた。だからこのことをみんなに伝えたい。

40歳男性 大阪在住

僕、最初はB型肝炎ていう病気やったんです。それが悪化していって肝硬変になって、肝臓がんになって。肝臓を切って養生してたんですけど、いろんな病気にそこから罹りだしてもうて。

もう内臓が全部、ほとんど機能してない状態になったんですよね。腹水がえげつなくて、1週間で18リットルお腹に水が溜まる感じで。週に3日、6リットルずつ腹水抜いてたんです。140キロあった体重が半分の70キロまで落ちて。2017年頃のことです。

大麻とは、30年くらい前から関わりはあったんです。けどそんなに詳しくはなくて。そいで3年くらい入院してたんですけど、お腹に水が溜まって辛い、言うたら親友が——まあそいつは自分でこさえてたんですけど——いっぺんこれ吸ってみ、ってリーフをくれたんですよね、バッズじゃなくて。そいでそれ吸うたらいっぺんで腹水が止まったんですよ。衝撃で、嘘やろ、と思いましたよ。医者もビックリですよ、何が起こってるんだって。僕は知っててもわかりませんとしか言いようないからね。

実際それをもらったことで僕は救われました。腹水が止まってから、4年間くらいかな、もらってた薬を断薬しました。全部薬やめました。ちょっとだけですけど肝臓がんの数値も良くなって自分もびっくりです。

B型肝炎の人が政府からもらえる給付金とかあるんです。僕も応募していただいたりしてます。でもね、痛みがずっと取れなくて、普通に生活ができない。お金持ってても使うことができないんですよ。給付金って僕が稼いだお金でもないし、じゃあもう、周りの吸ってる奴らが困ってるときに助けてやろうと思って。自分が銭切って手に入れた大麻を、困ってるやつにはタダで配るっていうことをずーっと、今も続けてます。

わかってもらえたらええんですよ、大麻はただハイになるだけのもんちゃうんやで、って。俺は実際こんなふうに救われたっていうのをみんなに話して。鼻で笑うやつもおればほぉーっと言うやつもおる。わかってくれへん人のほうが正直多いですよ。わかってくれる人にはちゃんとお話しして、俺はこういうスタンスやから、気にせず言うてくれ、言うてくれたらなんぼでもやるから、って。

正直、もう時間はないちゅうのはわかってるんですよ。今回僕、肝性脳症ってのまでやっちゃって。4か月くらいですかね、ちゃんとした記憶がないんですよ、頭にバイ菌が回ってしまって。

僕今ね、こういう病気にどれが一番いいのかが知りたいんですよ。ハイになるとか求めてないんです。とにかく痛みが治まってほしいのと、できれば治したい。治らへん病気だっていうのは知ってますけど、何とか生きてる間に、こういうふうに効いたんだぜ、っていうのを、同じ病気を抱えてる人に知ってもらいたい。

とにかく今俺とおんなじように辛い思いしてる人に、とにかくこれ使え、って。病院でもらう薬、一回に30粒も40粒も飲まされて、栄養剤飲まされて、飯も食われへんようになって。そんなんいややろ?ちゃんと自分の口から栄養取りたいやん、ほしたら葉っぱ吸ってみ、マンチー入っていっぱい食えるで、って。それをずーっとやってるんですよ、困ってる人いたら、これやり、って。

入手経路? 昔やんちゃやってた頃からの知り合いから、商売っ気なしで、かかった費用だけで仕入れさせてもらってるんです。僕のことよく知ってて、いいよ、って言ってくれる子らからね。

自分で作ってたこともあるんですけど、病気で何度も倒れて、せっかくもうすぐ収穫ってときに入院して、帰ってきたら可哀想なことになってるっていうことが多々あったんで、これはもう頼んで作ってもらった方がええわと思って。

種類によって効果は全然違いますね。色んなところのを吸ってるけど、やっぱり一番効果あったのは親友が作ってくれたリーフやったですよね。悩みだった腹水と胸水が両方ともスパーンと止まりましたからね。

本人は、もうそれは雑種やから、品種とかわからん、けどなんもないよりはええやろ、と言って渡してくれたんですよね。それがストライクで。それからですよ、ほんまに色々調べだして、ほんまにこれってすごいもんなんや、って思うようになって。昔はハイになるための道具でしたけど、今はもう薬草としか見てないですね。

とにかく一番知りたいのは、どの品種がいいのかということ。とにかく知りたい。知ったらそれを発信してあげたい。

病院には定期検診で行きますけど、僕と同じ病気の人はものすごく多い。みんな同じように薬をたくさん飲まされて、治らんことを延々やらされてるのを見てると、いや、これ吸うてみ、って言いたくなるんですよ、これ吸うだけで全然変わるんやで、っていうのをほんまにみんなにわかってほしい。合法化されてみんなが、あ、めっちゃ楽になった、って気づいてほしいんですよ。自分がすんごい楽になったから、ほんまに。

診断されたとき先生には、どうがんばっても5年や、って言われたんですけど、もうかれこれ10年ですからね。今は必ず手元にあります。みんな気にしてくれるしね、まだあるか? なかったら持ってったるからな、って。

今回の入院、肝性脳症なったせいでよく覚えてないんですけど、ずっと薬飲まされてたみたいなんですよね。それで飯食われんようになってもうて、一切。俺料理好きで、人に飯食わせるのも大好きなんですよ。俺が飯作るとみんな寄ってくるくらい。それができへんのがめっちゃ辛くて。元気なりたいですよ。元気になってみんなと遊びたい。

見てくださいよこの薬。これで3週間分。こんなに飲まされるんですよ。俺は飲んでないですよ。ただでさえ食欲落ちてるのに、こんなん飲んだら飯食えないですもん。

退院して薬飲まずに大麻吸って、食えるようになってますよ。ちょっとずつ体重も増えてきてますし。塩分とか摂ったらあかんようなんでそれだけは気をつけてますけど。だから薬、4,5年分、ごっそり溜まってますよ。医者には薬飲んでないことも大麻吸ってることも言ってませんよ。ほんとは言いたいですけどね。

今は実家の近くに住んでいて親も兄弟も近所にいます。家族は僕が大麻吸ってることを知ってはいますが全員反対派なんで、その話はなるべくせんようにしてます。

おふくろなんか庭に勝手に焼却炉作って、俺、向かいに住んでたんですけど、大量に持ってたやつ、全部燃やされましたからね。わかってくれてないんですよ、その辺はね。もう歳やしね。何言うてもわかってくれんから、そおっとしとこ、と。

一日に吸う量は、巻いたら4〜5本ですかね。痛くなったときとかね。

もしも何かあって逮捕されたとしても、僕はずっと正当性を訴え続けます。あんたたちが決めたそんな法律なんかクソ喰らえだと。僕は身を持ってそれを知ってるからね、ということを、僕ははっきり言うていきます。別に挑発する気はないです、ただ実際に起こったことを、僕はこういうふうに助けられた、ってことを全部お話しして、それをわかった上で判断してくれ、と。日本の法律がどんなに間違っているかは周りがわかってくれると思うから。

僕、山本正光さん (*) とも昔お話しさせてもらったんですよ。あの人はC型で僕はB型なんですけど、症状的には似てるんですよ、腹水がばーっと溜まったりね。あんまり症状がひどいんで電話で相談したりね。

どうしても山本さんとこ会いに行きたかったんやけど、その年の、天神祭の日やったな、亡くなりはって。その日は僕ずーっと泣き続けましたよ、悔しくて悔しくてもう。法律に殺されてるから、山本さんも結局は。クソ喰らえやから。ほんまに。絶対許せないです、そのことはほんまに。同じことが起きたらあかんと思うんです。そういう法律のせいで、助かるもんも助からなくなってしまうという、あのショックって。

山本さん亡くなったときはほんまに辛かったですよ。同じような境遇で、本当に辛い目にあってる人間が、なんで逮捕されなあかんの。未だに思い出しますよ、それ、天神祭の日だったんで、どうしても忘れられないんですよ。祭りが来ると、ああ、山本さんの命日や、って思うから。

もうこういうこと早くなくなってほしいんですよ。早く合法化されて、早くみんな楽になろう、って。僕の病気だけじゃないと思う。いろんな病気に対してそうやから。

正高先生たくさん記事書いてくれてるけど、みんなそれ読んで、ってほんまに思う。俺もし死んで財産残ったら全部寄付するって、もう遺言に書いたから、それで何とか合法化する方法を考えてくれ、って。

でもできれば俺が生きてるうちに合法化してほしいなあ。堂々と、みんなで遊ぼうぜ!って言えるように——これは切なる願いですね。

今はそれができないのが辛いけど、ほんまは僕、顔出しして言いたい。困ってる子は俺んとこおいで、何の足しになるかわからないけど吸わしてやるから、気になる子はおいで、連絡くれたらいつでも、お金のことも気にせんでいいから、って言うてあげたい。CBDだけじゃないんやで、今流行りかもしれんけど、THCもCBNも、全部交ざってもっともっと効果が上がるんやから、っていうのも教えてあげたいし。それは実際行動としてやっていこうと思ってます。

(*) 山本正光さんは、末期の肝臓がんの症状緩和ために大麻を使用し逮捕。生きる権利を求めて法廷で闘ったが、判決が出る直前の 2016年7月に死去しました。詳しくはこちらをご覧ください。

(担当: 三木直子)

※本プロジェクトは、以下の企業から支援を受け運営されています

あなたの物語を聞かせて下さい。

インタビューに応募する

Who We Are

私たちと一緒に「インタビューしていただける方」も募集しています。

→ click here

協賛企業・団体

当プロジェクトは以下の企業・団体の支援により運営されています。

日本では「大麻取締法」により、大麻取扱者(都道府県知事によって研究および栽培の免許を受けた者)以外の大麻の所持、栽培、譲り受け、譲り渡し、研究は禁止されています。

当サイトは経験談を通して、大麻への理解を深めることを目的としており、大麻の使用を推奨したり、犯罪を扇動するものではありません。